未来が変わる働き方 TAKE ACTION

Book

『未来が変わる働き方   TAKE ACTION


慎泰俊(しんてじゅん)著


書籍情報
ISBN 978-4-7993-1283-4
本体価格1200円
小B6 並製 224ページ

購入はこちらから

内容情報

慎泰俊31歳。
 いじめ、制度の壁、貧困。
世の中の不条理に怒りを覚えた僕は、
本業として投資ファンドで働きながら、
パートタイムでNPO組織を運営することで、
自分の仕事をつくっている。

この本は、厳しいと言われる時代を真直ぐに生き抜くための
慎泰俊の「サバイバル・マニュアル」だ。

本書の一部

僕には二つの顔がある。
 世界の貧困を削減するNPOの代表としての顔と、投資プロフェッショナルとしての顔だ。

 今から5年前の2007年10月28日、モルガン・スタンレーというアメリカの会社に勤めていた僕は、
友人・知人やネット上で知り合った人と勉強会を開いた。
 世の中から貧困をなくすために何をできるかを考えたかったからだ。

 それから1年くらい後に、この勉強会はNPOになって、具体的な貧困削減のためのアクションを始めた。
 とはいえ、僕は仕事を辞めることはなかった。

 働きながら、社会を変える。
 平日の日中は、投資ファンドでの仕事をして、平日の夜と土日は、NPOの活動をする。

 それが、僕のライフスタイルとなった。

 例えばあなたが、もっとやりがいのある仕事をしたい、あるいは、社会の役に立ちたいと思い、
今の仕事とは別の選択肢を見つけたとする。
 今の仕事を捨てて、全く新しい世界に飛び込むのも良いけれど、僕は、まずは今の仕事を続けながら、
新しいことを始めることをオススメしたい。
 すなわち、本業を持ちながらもパートタイムで働くということだ。

 世の中をもっとよくしたい、あるいは誰かの役に立ちたい、と思っている人は少なくないのかもしれない。
 でも、それをするのは、自分のことがちゃんとできるようになってから。まずは自分の足で立つ、
つまり本業でちゃんとパフォーマンスを出す必要がある。それができて初めて世の中に価値あるものを提供
することができる。
 一方で、収入が安定してから、スキルを身につけてからでは遅いこともあるかもしれない。やりたいこと
が目の前にあるのなら、取り組むタイミングは今だ。
 そこで、僕は二つのことを同時進行している、というわけだ。

〈帯コピー〉
1人の100の行動より、100人の1つずつの行動によって、
世の中は、ゆっくりと、でも確実に変わってゆく。
誰にだって、世界をよりよいものにする力がある。
まずは自ら行動を起こすこと。

〈ボディコピー〉
世界をよりよい場所にしたいなら、
自分を見つめ、自分が動くこと。

目次

世界をよりよい場所にしたいと思っている人へ

Part1準備編 本業とパートタイムの二軸で働く
 パートタイムで社会貢献
 本業は投資プロフェッショナル
 仕事とNPOを掛け合わせる

○アクションを思考する
 始める前に3日間考える
 自分に正直になってみる
 自分にとって大切なものは?
 自分の体験から思いを引き出す

○アクションを選択する
 同時進行で、時間を取り戻す
 初心を忘れない
 今と将来のキャリアをつなげる
 やるからには本腰を入れる
 インターネットで距離を縮める
 仕事を活かして社会を変える

Part2 実践編 パートタイム組織でアクションを起こす
 本業をおろそかにしない
 アクションのインパクトを最大化する

○時間をつくる
 大切なことだけをする
 スケジュールをまとめる
 処理能力を上げる
 集中する/同時進行させる/時間をお金で買う

○仲間をつくる
 相手の欲求を満たす
 生存したい/認められたい/輪に入りたい/成長したい/自己実現したい
 コアメンバーを増やす
 メンバーを定着させる
 一対一で信頼を築く

○組織をつくる
 ポジションを明確に決める
 ピンとくること/誰もやっていないこと/必要とされていること/得意なこと/具体的なこと
 課題解決のプロセスをつくる
 すべての情報をオープンに共有する
 ツールを活用する
 パートタイム組織で動く

 未来へ宣言
 影響を受けたオススメ本
 マイクロファイナンスプロジェクト
 教育プロジェクト
 メンガーがアクションする理由

とにかくはじめよう
SURVIVAL MANUAL

著者紹介

慎泰俊(シン・テジュン)
1981年東京生まれ。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒,早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。
モルガン・スタンレー・キャピタルを経て,現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルと
して様々な事業の分析・投資実行・投資先の経営に関与。
 仕事の傍ら,2007年にNPO Living in Peaceを設立し,カンボジアやベトナムなどで貧困層の
金融へのアクセスを拡大するために日本初の「マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド」を企画。
国内では,児童養護施設向けの寄付プログラム「チャンスメーカー」の実施および子ども向けの
キャリアセッションを行う。
 世界経済フォーラムのGlobal Shapers,アジア・ソサエティのAsia Young Leaders,
サンガレン・シンポジウムのLeaders of Tomorrowに選出。
『15歳からのファイナンス理論入門』(ダイヤモンド社),『働きながら,社会を変える。』(英治出版)、
『ソーシャルファイナンス革命』(技術評論社)


コメント