高木新平さんインタビュー

Interview インタビュー 高木新平

プロフィール: 高木 新平

コンテクストデザイナー 1987年富山県生まれ。早稲田大学卒業後、大手広告代理店入社。一年余りで退社後、六本木に『トーキョーよるヒルズ』という独特な生活様式を実践するシェアハウスを立ち上げ、2000名ほどが集うコミュニティメディアとして展開。有識者から学生までの世代を超えて集う場に。また、CI設計をはじめとした企業ブランディング、番組企画、執筆を手がけるなど、幅広く活躍中。






あなたは自分の家に、名前をつけたことがあるだろうか?

「トーキョーよるヒルズ」。

そう名付けられたシェアハウスは、六本木駅からほど近い場所にある。
5人の若者が集まり立ち上げた、小さな「コミュニティメディア」だ。
様々なテーマの元に多種多様な人が集い、情報を発信・共有するこの「一軒の家」が今、広く話題になっている。

高木新平、24歳。トーキョーよるヒルズの発起人である。
自らを「コンテクストデザイナー」と名乗り、新たな文脈の企画を仕掛ける彼の頭の中をのぞいてみた。


1 2 3 4

コメント